Cr.タートルの人生が豊かになるブログ

人生が豊かになるお金や生活、商品などの情報を発信しています❣️

【おすすめ書籍レビュー】DIE WITH ZERO(ゼロで死ね)はどうすれば人生を無駄に過ごさないかに気付ける話

f:id:turtletoushi:20220103185650p:plain

こんにちは🐢です。

 

今回はDIE WITH ZEROについて書きます。

 

 

この本のタイトルだけは知ってましたが、ブルちゃんやとちパパ・ママさんが読んでいて、おすすめもしてくれたので正月の時間がある時に読みました。

本書の概要

DIE WITH ZEROは、ビル・パーキンスという方が書いた本です。

タイトルにDIE(死ね)と入っていて過激な感じがしてしまうので敬遠する方もいるかもしれないですね。

 

今世界中で(日本だけでなく)F.I.R.E.が流行していて若いうちに大きなお金を貯めて、早めに引退し、投資のリターンで好きなことをして生活を送ろうとしている人もいると思います。

それ自体を目指すことは全くもって間違いではないし、いつ引退できるかや、貯められるお金(FIREの種類)によっても人それぞれ目標が違うかと思います。

 

ただし、今FIREを目指そうと思ってる人は特にこの本を読んでおいた方がいいと思います。

 

この本のタイトルにもあるDIE WITH ZEROは当たり前ですが死を意識して書かれています。

もっというと年齢をすごく意識しています。

この記事を読んでいる方は20代の方も30代や60代の方も色々いるかと思います。

20代の方は特に無理が効く時でもあり、FIREに向けてものすごく倹約したり、色々なものを我慢する事ができる人も多いと思います。

ですが、この本では若い時にこそ生き金を使い、きちんと経験や思い出を積んでおくことこそがとても重要だという話が書かれています。

 

タートルもこの意見にはすごく賛成です。

20代に倹約生活を行い、毎年200万ずつためて(投資もして)50代後半とかで7000万円ぐらいを手にして、さあ自由を手に入れたっていう人と、若いうちにさまざまな経験をして50代になったのとでは、人生に対する満足度が違ってくると思います。

また重要なポイントは年を取れば取るほど、人間は動けなくなるという事です。

 

せっかく大金を貯めたのにどこにも行けなくなったり、健康で食べるものを制限されたりしたらそれまでの苦労が水の泡ですよね。。

 

さらに筆者は45歳の時に家族や友人、大切な人を呼んで盛大なパーティを開催しました。パーティー代は全て自費で決行したのですが、かなり無理をして財産の多くを使いました。本来であれば50代や60代などお金にもっと余裕ができてからやればいいと思うかもしれませんが、彼はある理由で45歳で実施しました。

そこにこの本の一番のメッセージを感じるのですが、その理由とは大切な人との思い出を作るためだったのです。この話を読んで、思い出の重要性を改めて認識する事ができました。

この本がきっかけでこれまで以上に日々の生活で子供や家族、友人との思い出を作るように意識しています。

 

それ以外にもこの本には

  • いつ、どのようなものにお金を使うべきか/使わないべきか
  • 子どもへは財産を残さなくていいのか
  • お金を使わずに貯めたまま死んだ人の例

など、色々な気づきを与えてくれるエッセンスが盛りだくさんですので、ぜひ読んでみてください❗️

人生を最大限楽しもう!

ターゲットの読者

この本のターゲットは次の方々かなと思います。

  • FIREを目指している人
  • FIREは目指していないけど、結構節約して将来の不安のためにお金を貯めている人
  • どうやったら人生を豊かに生きれるのかわからない人
  • 人生設計がちゃんとできていない人
     

購入方法

DIE WITH ZEROは以下のリンクから購入できます!

 

Amazonで購入

 

 

楽天で購入

 

room.rakuten.co.jp

 

Apple ブックで購入

Die With Zero

Die With Zero

  • ビル・パーキンス
  • ビジネス
  • ¥1833

 

さいごに

ここまで読んでいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のボタンをポチっていただけると嬉しいです😃

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Twitterでも人生が豊かになる情報を発信していますので是非交流しましょう❗️

 

twitter.com