Cr.タートルの人生が豊かになる投資術

人生が豊かになるお金、投資の情報を発信しています❣️

FP3級試験対策 相続税

f:id:turtletoushi:20210917152642p:plain

こんにちは🐢です。4連休最終日にこの記事を書いてます。明日から仕事が始まると思うと、今日も全力で子供と遊びに行こうと思いました!

本日のお題はFP3級レベルの相続税の要点と、🐢がこれまで過去問道場で間違った箇所をツイートで振り返りながら整理しました。FP3級取らない人も相続についての基本がわかるので是非読んでみてください。

 

相続税の基本

こちらはいつも参考にさせていただいてるじょにーさんのまとめです。ありがたい!他の科目もまとめられていて有益な情報がいっぱいあるので是非フォローしてみてください😊

 

 

💡相続の基本的なポイント

相続税とは相続の開始を知った日の翌日から10カ月以内に管轄の税務署へ納めなくてはいけないもの。10ヶ月超えると延滞税がかかる!
・また3ヶ月以内に単純承認、限定承認、相続放棄のいずれかを家庭裁判所へ届出
・納付は基本金銭一括納付。一括が難しいと延納、それも難しいと物納。

以下は過去問で問われて間違ったところです。

 

 

 

準確定申告

相続税と同時に考慮しないといけないのが、死んだ人に代わってやらないといけない準確定申告(準確)。こちらは4ヶ月以内。

 

相続税と準確定申告について申告などをまとめると、以下のようになります。

3ヶ月以内に相続放棄するか宣言する
4ヶ月以内に準確定申告する
10ヶ月以内に相続税払う

遺言

遺言については自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがあります。(じょにーさんの投稿を参照)

 

相続税の計算

相続税の計算はかなり複雑なのでフローを図解しました。

①の課税対象から色々と差っ引いて最終的に⑩の納税額が求まります。途中で色々とコネコネするんですね。

f:id:turtletoushi:20210916103550j:plain

⚠️上記は一部簡略化している部分もありますので、正確な計算フローは国税庁こちらのページをご覧ください。

また上記、⑨の控除に2割加算も入ってます。とうふさんにアドバイス頂いたんですが紙面の都合上、控除・加算額へ変更して一緒にしました。間違えないようにご注意を!加算もありますよ!

 

上記のそれぞれの項目について追加で補足します。

STEP1 課税価格の計算

①課税対象は主に以下のもの。

・死亡保険金(終身保険受け取り)
・死亡退職金
・土地など
・3年以内贈与
・相続時精算課税

STEP2 課税遺産総額の計算

ここではまず②③④をそれぞれ算出します。

②非課税枠は主に以下のものが含まれます。

・法定相続人 × 500万円

代表的な非課税枠の対象は生命保険です。死亡保険金の受け取りに対して上記の範囲内で非課税ですので相続を考えると非課税枠内での保険はありかもしれませんね。

③の借金(住宅ローンの残とか債務費用の未払い)がある場合はそちらも相続財産から引かれます。(当たり前ですが債務が相続されて支払いは残ります)

さらに④基礎控除は次の式で算出します。

基礎控除=3000万円+法定相続人 × 600万円

最終的に課税遺産総額は上記の①〜④から下の式で求まります。

⑤課税遺産総額 = ①課税対象額 - ②非課税額 - ③債務 - ④基礎控除

STEP3 各人の税額計算

各人の税額計算をするためには法定相続分国税庁のルールに従い決定します。

スクリーンショット 2021-07-21 11.10.47

引用元:国税庁 - 相続人の範囲と法定相続分

STEP4 納付すべき総額の計算

ここでは⑨の控除額・加算額の中で必要なものを計算し、それらを各人の税額から控除して⑩の納付すべき総額を計算します。

配偶者に対する相続税の軽減

 

未成年者控除

 

 

 

小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例の評価

 

 

相続税の2割加算

 

贈与

贈与税はすごくわかりづらいです。まだぼやっとしている部分もあるので頭が整理できたら改めて加筆・修正します。とりあえずじょにーさん頼み🙏

 

 

 

 

贈与税配偶者控除

 

 

 

 

相続時精算課税制度

 

 

暦年課税

 

 

 

 

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税

 

 

 

法人から個人への贈与

 

 

 

遺留分

遺留分は遺言で特定の相続人に多くの相続がされた場合に他の相続人が法定相続分の2分の1まで請求できる権利です。ただし遺留分の権利があるのは父、母、配偶者、子に限られます(自分の兄弟は遺留分はゼロ)。

 

 

 

 

遺留分は遺言の内容に不満がある場合に家庭裁判所へ申し立てることができます。例えば妻と子がいて、子に100%の財産相続するとかになってると、奥さんはこれまでの生活を維持できなくなるので、最低限の生活を守るために遺留分で認められている金額までは請求できます。

 

 

 

お子さんがいない家庭はこちらも要注意❗️なるほど遺言書を書くことで変な争いを避けることも逆に可能になる場合もありそうですね。

 

 

その他

相続とは直接関係ないですが、これも税に関してなので一応載せておきます。

 

 

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました🙇‍♂️ここまでの内容がためになったと思ったら下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
にほんブログ村

他にもFP3級の試験対策をまとめてありますので他の科目もカテゴリからご覧ください。

 

Twitterでも投資に関するネタを投稿していますのでお気軽にフォローください。

 

 

twitter.com