Cr.タートルの人生が豊かになる投資術

人生が豊かになるお金、投資の情報を発信しています❣️

NISA、新NISA、積み立てNISAはどう使うのがお得?

f:id:turtletoushi:20210917141749p:plain

こんにちは🐢です。
夏休みも終わった方が多いと思いますが無事に社会復帰されていますでしょうか。

では今日もお金について勉強していきましょう!

⚠️免責事項念のためですが、ここで書かれている内容を元にして投資を行った結果、いかなる損害が発生したとしても自己責任でお願いします🙇‍♂️

 

 

 

はじめに

先日NISAに関するアンケートを取らせていただきました。お答えいただいた方々本当にありがとうございました🙇‍♂️

そしてなんと265名に回答を頂き結果は積立NISAが大勢でした。


🐢は実はこの結果に驚いています😲

なぜならNISA・積立NISAは同じ年の中では1つの口座しか作れません年を跨げば切り替えもできて別の種類も使えます。節税対策の側面からするとNISA→新NISA→積立NISAの順に使うことで下のように節税額が最大となりお得になると思っていたからです。

かなり前に下のツイートもしてます。

しかし上のアンケート中にカワウソさんから下のようなツイートを頂きました。

この動画をパッと見た時に最初はある条件下(20年後に全額を売却するなど)であれば積立NISA一本で行くのが良いのかもなぐらいに思っていたのですが、動画の内容をきちんと見ると20年に限らず、同じリターンが期待できるなら積立NISAが1番お得になるという結果が出ていました。

ただし途中の計算は公開されていないようでこの目で確かめるべく🐢Excelをとりました📊

NISA、新NISA、積立NISAについておさらい

本題に入る前にNISAなどについつサラッとおさらいしておきます。そんなの知ってるよ❗️ってイラッとした人はシミュレーション結果の方に進んでください🤣

NISA、新NISA、積立NISAの比較

それぞれの特徴を比較表にまとめると下のようになります。

NISA比較

またそれぞれ金融庁に説明があったので抜粋しておきます。

NISA

NISAとは、2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

引用:金融庁 - NISAとは?

新NISA

新NISAはこちらのページに説明がありますが、現行のNISAが2023年に終わり2024年から始まるこれまでのNISAを改正したものです。イメージとしてはNISAと積立NISAの合いの子みたいな形で1階部分と2階部分に分かれます。

2階 年間102万円まで 対象:上場株式・公募株式投資信託等(一部除く)
1階 年間20万円まで  対象:つみたてNISAと同様      

積み立てNISA

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

引用:金融庁 - NISAとは?

また今回は詳しく触れませんがジュニアNISAという制度もあります。もうすぐ制度は終わるのですが、お子様がいる場合は駆け込みで使った方がお得ですので是非トライしてみてください。

シミュレーション結果

ではシミュレーション結果を見ていきたいと思いますが、結論からお話しすると、動画の通り、

積立NISA一本で長くやるのが税金面も元利合計も一番お得

となりました。ただし組み合わせでやっても結果はそこまで変わらないです。

念の為🐢がシミュレーションした際のExcelファイルをこちらに置いておきます。間違いがあればご連絡ください🙇‍♂️

docs.google.com

今回のシミュレーションにあたっての条件は下記の通りです。

・全ての年で120万円を投資する。
・2020年の改正で積立NISAが5年延長により2042年まで非課税枠投資
・20年間で投資をやめ全額売却する場合とその後も投資し続け非課税枠を使い続けて41年間投資するパターンでシミュレーション

まず全体の結果サマリを見ていきます。

元利合計を見てみると20年間でも41年間でも積立NISA一本で運用した場合の方が若干ですが元利合計が高くなりました。

スクリーンショット 2021-08-24 17.43.50

20年間の場合は積立NISAだけだと3,756万円が期待できるのに対し、全ての組み合わせだと3,723万円で積立NISAのみの方が32万円多くなる想定です。

⚠️冒頭に挙げた動画だと20年間で積立NISAが3380万円となっていましたが何故か🐢のシミュレーションだと3756万円になってしまいました💦何か前提が違うのかどこかの計算式が間違ってるのかもしれません。。

当たり前ですが同じ元本で同じ利率で運用するので納税前の合計は同じです。非課税枠をどれだけ活かし切れるかが最終的な元利合計の差異になります。

41年間の場合は2042年で非課税での投資開始期間が終わるので2043年以降も投資するかそこでストップするかでそれぞれYZのパターンをシミュレーションしました。(同じ画像を再掲します)

スクリーンショット 2021-08-24 17.43.50

結果はどちらのパターンも差異としては57万円となりました。また2042年に投資をストップしてもそのまま20年間非課税期間を使い切って2061年に全額売却すると1億円になります。あくまで平均5%で運用できた場合ですが、月10万円をこれから40年間投資すれば1億はいけそうな感じですね。

今回の検証で実は積立NISAのみの方が非課税枠を最大に活かせることがわかりました。なぜなら今から申し込んでも2042年までの間の投資額のみが非課税運用できるからです。🐢は2042年までに申し込めば積立NISAはその後20年間非課税で運用できると勘違いしていました😅

ということで以下のツイートは間違いのため無視してください。この場を借りてお詫び致します🙇‍♂️(後でこの記事内容をリプしておきます)


また年利については3%や7%など様々なパターンで実施ししましたがいずれも積立NISAが有利なのは同様でした。

3%の場合

スクリーンショット 2021-08-24 17.49.18

7%の場合

スクリーンショット 2021-08-24 17.49.37

シミュレーションシート

また細かくは説明しませんがシミュレーションするにあたって以下のようなシートを作成しています。

スクリーンショット 2021-08-23 17.14.51

縦横それぞれに年が並んでいて横は掛金の種類ごとに1年あたり2列ずつのセットで入力していきます。赤字は非課税枠を表しています。20年後に全て売却すると非課税枠を最大限に活かしきれないのでできれば41年後に売却したほうが良いです。

独自にシミュレーションしたい、Excelの使い方がわからないという人は🐢までご一報ください!

NISAから積立NISAへの切り替え方法

今回の検証で🐢は来年から積立NISAに変えようと思います。調べたところ現在NISAで運用していて積立NISAへ切り替えたいという人は毎年10月1日から12月31日までに次の年に切り替えたい旨を現在の金融機関へ連絡すれば切替手続きが進められるようです。ちなみにこの時、金融機関の変更も可能です。

最後に

今回はNISA、積立NISAのシミュレーションをしました。ここまでの内容がためになったと思ったら下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

結論は積立NISA一本で長くやるのが税金面も元利合計も一番お得ですが、実際には20年で30万円などそこまで多額の違いがあるわけではないのであまり深刻に考えず、切り替えのタイミングで検討すれば良いかと思います。

次回は意外と蔑ろにされているのではないかと思われるリバランスについて見ていきたいと思います!(別のトピックが出てきたら順番変えるかも)

ここまで長々と記事を読んでいただきありがとうございます。🐢が実際に学んだ投資やお金の話はカテゴリーのお金の授業にまとめてありますので是非、他の記事もご覧ください。

またTwitterでも投資に関する情報を発信してますのでお気軽にフォローください♪

twitter.com