Cr.タートルの人生が豊かになる投資術

人生が豊かになるお金、投資の情報を発信しています❣️

おこづかいプログラムを1ヶ月やってみたら子どもの意識が変化

f:id:turtletoushi:20210917142147p:plain

こんにちは🐢です。

8月はうなぎを食べました。5800円もしました😲
その時の写真がこちらです🍱どうです❓美味しそうでしょ❣️
見てたらまた食べたくなったー🤤

ウナギの話は置いといて、本題に入りましょう♪

今月から子ども👦とおこづかいプログラムを始めました。おこづかいプログラムを始めたきっかけやおこづかいプログラムの本の紹介は以下の記事をご覧ください。

 

turtletoushi.com

 

今回はそのプログラムを1ヶ月やってみて分かったことを書いていきたいと思います。みなさまのお子様に対するマネー教育の参考になればと思います❣️

 

💰おこづかいプログラムを始める前の準備

事前に親の方で予算ワークシートやお仕事リストを作成しておくとプログラムがスムーズに始められます。

予算シートを準備する

予算シートは3つのセクション(欲しいもの、必要なもの、貯金)に分かれています。

1️⃣欲しいもの(1週間以内に使う予定)

まずは(直近で)欲しいもののお金を決めました。今、週末にお金を使うのはメザスタというポケモンのゲームと夏は暑いのでアイス代ぐらいです。夏が終わったらアイス代は減らそうと思ってます。(まだ減らしても気づかないはず笑)

※めざすたもちょっと多いかなと思ったのでこちらも少し減らす予定です。

画像2

2️⃣必要なもの(おおよそ1週間で使う予定)

次に必要なものとしては毎日のおやつ代🍩を一旦入れています。小学校になればここに文房具✏️などが入り、高校ぐらいになるとランチ代🍱が入ることになります。何から何まで全てをここに入れるのではなく管理できそうなものを入れるのがコツかもしれません。最初から完璧を目指すと破綻すると思います。

画像3

3️⃣貯金するお金(1週間以上貯めるもの)

最後に貯金を考えます。項目は2種類あり、月内に使ってしまう短いものは1、2ヶ月ぐらいで貯めて買うもの(おもちゃ🦕)を設定しました。もう一つは6ヶ月とか1年貯めて買うような高いおもちゃ🎮を入れています。

画像3

そして全て合計すると1760円になりました。🐢たちもはじめなのでよくわからず一旦この金額にしていますが、必要に応じて会議を開き見直しを行います。

おしごとリスト

またこのおこづかいをもらうためにはきちんと仕事をしなければなりません。そこで下のようなお仕事リストを作りました。

画像4

ボーナスは週に最大で4回までで実施すれば1回あたり50円あげます。

誓約書を準備する

おこづかいプログラムでは誓約書も作ります。

画像5

これらのテンプレートは冒頭に紹介した過去記事で公開してますのでご自由にお使いください。🐢家でも利用していて、結構改変が進んでいます。(文字の大きさとか)

💰おこづかいとお仕事開始!

記念すべき第1回目のおこづかい会議が始まりました。

まずはなぜお小遣いプログラムをやるのかを子ども👦に理解してもらいます。

流れとしては、お仕事をきちんとしたら→家族に貢献出たので→結果としてお小遣いがもらえるんだよっていうことを伝えました。

このプログラムの一番いいところは家の中で社会に出るための準備(会社の仕組みの理解)ができるところです。

詳細は本を読んでいただければわかります❣️

 

 

ちなみに・・・

うちの子👦は5歳で計算が好きなタイプです。そういったこともあるのか、おこづかいにはかなりやる気がありました。お子さん👶によってはまだ早いとかもあると思うので子どもの様子を伺いながら無理なく始められれば良いかなと思います。

会議自体は30分程度で終了。最初は熱心に聞いていた子どもも後半は遊び始め・・🙊

でもそのあとママと誓約書を一緒に読んで理解してました✌️

最初の週は3日で給料日💰だったのですが初回ボーナスということで満額の支給。お仕事もきちんとこなし、無事に進んでいます。

その後3回のおこづかいも問題なく支給しました。

お仕事の状況まとめ

通常のお仕事の状況とボーナスの状況は次のような状況です。

通常のお仕事状況のまとめ

①みんなのおさらとおはしをならべる・・・ほぼ満点
②じぶんのしょっきをかたづける・・・ほぼ満点
③あさのおおべんきょうをする・・・2回サボり
④おせんたくのおてつだいをする・・・満点
⑤おもちゃのおかたづけする・・・1回サボり

 

ボーナスの状況

⑥ごはんつくりのおてつだいをする・・・1回実施
⑦くさむしり、みずやりをする・・・4回実施
⑧テーブルの上を拭く・・・1回実施

ちなみにサボったところはボーナスから補填しました😓

ここまでに感じたこと

お手伝いではなくお仕事とすることで本人に意識づけができたようで、言われなくても進んでやることが多いです。まさか最初の月から自律的に仕事をすると思っていなかったので驚いています。もちろん忘れている時もありますが「お仕事は?」というだけで思い出して自分でやり始めます。

あと以前にツイートしたのですが自分のお皿のお片付けを進んでやってると思ったら流し台で水洗いまでしてる時はびっくりしました。

💰稼いだお金を使ってみた

近くのアイス屋さん🍦でお金を払う時などは店員さん👩‍⚖️も協力してくれて楽しくできてます。(結構周りの親御さんは気になるみたいで見られますね👀)

メザスタも500円で5回バトルをするか、3回バトルしてポケモンのタグを2個ゲットするかなどを自分で考えてプレイしているので感心しました。

これは結構驚きで、それまではメザスタをやっててタグが欲しいと100円ちょーだいと言われて、ほぼ無意識的にこちらも出してましたが、今はお金は無限にないことを理解してくれて、自分で考えて使うようになりました。

あとは貯金の概念が若干わかっていないところもありその辺りは徐々に覚えてもらえればと思います。

蛇足ですが・・・瓶だと持ち運びが大変なので100円ショップでお財布👛も買ってあげました。お出かけするときは瓶から財布👛に使う分だけを入れて出かけます。

画像6

 

💰8月末現在のおこづかいの内訳

現時点でのお小遣いの残高です。

長期の貯金:2200円
短い期間の貯金:580円
必要なもののお金:520円
欲しいもののお金:470円
=======================
合計:3770円

💰まとめ

この記事のまとめですが1ヶ月経ってみて思ったことは以下になります。

・おこづかいプログラムは子どもに社会を理解させる良いプログラム
・子どもが自律的に仕事をするようになった
・子どもがお金は無限ではないことを理解してくれた
・お金の使い方を子どもなりに考えてくれた
・貯金はまだまだ難しいけど徐々に理解してくれている

親としては子どもの意識の変化というか成長している様子がすごくわかるので、このプログラムを初めて良かったなと思う1ヶ月目でした😊

💰さいごに

ここまで読んでいただきありがとうございました🙇‍♂️

これからおこづかいプログラムを続けていくと色々な困難はあると思いますが、その時はまた記事を投稿したいと思います。

 

Twitterでも投資に関するネタを投稿していますのでお気軽にフォローください。

twitter.com