Cr.タートルの人生が豊かになる投資術

人生が豊かになるお金、投資の情報を発信しています❣️

誰でも出来る短期トレード(Twitter、Appleその他での実験結果あり)

f:id:turtletoushi:20210917152843p:plain

こんにちは🐢です。

今日は🐢が実験してみて上手くいったトレード方法を書いていきます。

今回紹介する方法はデイトレーダーみたいに画面に張り付いてやるものではありませんし、様々な指標で複雑なものでもないです。

絶対儲かるトレード術とかではないと思いますが、いくつかの前提を満たせば誰でも出来そうな短期売買のやり方です。🐢自身は個別株の短期トレードはまだまだ初心者なので今後改善できるところはしていこうと思います。ツッコミなどがあれば是非是非コメントまたはTwitterの投稿にお願いします❗️

⚠️免責事項

念のためですが、ここで書かれている内容を元にして投資を行った結果、いかなる損害が発生したとしても自己責任でお願いします🙇‍♂️

 

実験のまとめ

 

早速ですが、これまで2回の実験を行って2回とも勝てています😎(今3回目で3銘柄で実験中です)

また利益率はそれぞれ4.53%と6.69%で、仮に年率換算だととんでもない利率です😱ほんとか??(計算間違ってますか?)

画像2

トレードにあたっての前提

どのような投資方法かというとシンプルにMACDという指標🔢を使います。他にも有名な指標はRSI移動平均ボリジャーバンドなど指標はあると思いますが、色々見ると訳分からなくなるので🤣MACDのみでできないかと思って始めてみました。

トレードをするにあたって前提というかある程度こういう形で銘柄を選定しました。(前提条件はこれから実験を進める上で変わるかもしれません🙇‍♂️)

前提条件
・大型株(流動性が必要)
・間違ってもMEME株にこの投資方法を適用しない(と言いながら今は$BYNDで実験中)

MACDとは

MACDについてはWikipediaがわかりやすかったので引用します。参考にしたメディアでも貼り付けてありますが高橋ダンさんのYouTubeで初めて学びました。

英語では、 Moving Average Convergence Divergence で、頭文字の、MACD(エムエーシーディー・マックディー)で呼ばれるのが一般的である。日本語では、移動平均収束拡散法という。トレンド系のテクニカル指標であるが、オシレーター系と同様の活用法に利用されることが多いため、オシレーター系に分類される場合もある。

考案者はジェラルド・アペル (Gerald Appel)。1960年代に発表。「Technical Analysis: Power Tools For The Active Investors」(ISBN 0131479024)、「アペル流テクニカル売買のコツ」(ISBN 4775970690)で利用法が紹介されている。

算出方法は
MACD = 短期(x日)の指数移動平均 - 長期(y日)の指数移動平均
MACDシグナル = MACDのz日の指数移動平均


x, y, z の組み合わせとしては、12, 26, 9 が使われることが多い。上記は日足での計算式であるが、日足でも分足でも計算式は同じである。MACDシグナルとしては、単純移動平均が使われることもある。

MACD > MACDシグナルなら上げトレンド、MACD < MACDシグナル なら下げトレンド。 投資判断は、MACDMACDシグナルを上抜いたら買い、下抜いたら売り。

ただしそれだけでは利益損失比が1:1を割り込むケースが多いため、レンジ相場での活用を避ける・大局的に見て優位性のあるトレンド方向へだけ売買する・他の指標と組み合わせて分析するなどの必要性がある。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/テクニカル指標一覧#MACD

ベースは移動平均ですが、直近の動きをより敏感に反映できるみたいです。MACDは上のx,y,zのパラメータを変える事ができるのですが、説明の通り、12, 26, 9で見ています。ダンさんの動画ではアートと言ってる通り慣れてくるとこの数字を変えたりして見るのもアリかもしれません。

具体的なトレード方法

ここからは具体的にどうやってトレードしたのかを解説していきます。

Twitter($TWTR)のチャートを例に説明します。

まずは通常のMACDでの分析方法ですが、このグラフに記載した通りそれぞれのトレンド転換を見ながらトレードすると思います。

画像9

これだと見ていただくとわかりますが③番目のトレンド転換の時に買って(赤丸)その後のトレンド転換で売る(青丸)とマイナスになることがわかります。(あと横軸のゼロより高い位置しか見ないとかもあったような・・・)。

ℹ️上の図はどこで見るの??と思ってる人のためTradingViewについても触れておきます。TradingViewは無料で使える株価のチャートツールです。チャートを見るだけじゃなくて、ものすごい数の指標が簡単に設定して分析することができます。米国株だけでなく日本株なども対応してるのでおすすめです。ツールはWeb画面かiPhoneなどのアプリがあります。
有料版もありますが、おそらくほとんどのライトユーザーは無料で事足りるのではと思います。

https://jp.tradingview.com/

💡この記事では記事や図の作成上、TradingViewのWeb画面を使ってますが、実際の取引時はiPhoneのアプリでやってます。

それでは、ここからが本題です。

🐢が色々なチャートを見ていたときに気付いたのですが、下のように少しスライドして見ることで勝率が上がるのではと思いました。

画像10

具体的にはトレンド転換は無視して、緑と薄緑、赤と薄い赤を見ています。(下の図の方がわかりやすいです)

画像11

このトレードの肝になるルールは次の部分です。

上の図を見ながら説明すると、最初のこの辺で入るのあたりを見ると、赤から薄い赤に変わって少ししたら入るイメージです(1日か2日待ってから薄いピンクが減ってきたら入る)。売却のタイミングはこの辺で売却緑色から薄緑になったあたりで売却します。

現場からは以上です・・・。

この方法、すでに誰かが確立してるものだったらこのまま🐢はフェードアウトしたいです・・・。(こっそりTwitterのDMとかで教えてください)

💡念のためですがチャートは単位を日(1Day)にしています。下の図のように銘柄コードの隣の部分で日を選べばOKです。

画像10

シンプルな方法テクニカル分析でもなんでもないかもしれませんが、一応これで実験したところ今のところ勝率は100%です😤笑

最初に書いた通り年利60%超えも夢じゃないという実績もあります😂(合わせて10ドル程ですが・・・)

また何度か取引をしていると薄い赤になった後に再度、赤になる事があったり逆も起きる事があると思います。そのような場合はまだまだ研究できてませんが、薄い赤→赤になった場合は損切り薄い緑→緑は様子見かなと思います。ここはもう少し実験を進めます。

それではこれまで実験した中身をもう少し詳しく書いていきます。

Twitterの実験結果の詳細

最初の実験はTwitter($TWTR)でした。

全体の流れは下の図の通りです。初めての実験だったので余裕もなくて冷静な取引ではなかったんですが、約1ヶ月で何とか2.5ドルの利益は出ました。

画像12

これ冷静に見るとグリーンになってからもう少し待ってればすごい利益が出てましたね💦ただこういう時に欲を出すと大体やられるので、自分の中でのルールでやっていく事が大事だと思ってます。

Twitterの呟きも貼り付けておきます。

 

Appleの実験結果の詳細

次にAppleですが、取引全体ではこんな感じの流れでした。6/3に124ドルで買って、6/26に133ドルで売却しています。20日程度で9ドル弱の利益です。

画像11


Twitterでは入るタイミングだけ呟いて、最後の売却時に呟き忘れてました💦Twitterでのつぶやきの通り、ルールに従うともう少し前に入るべきなんですが、とはいえ問題なさそうなタイミングだったので買いました。

念のため購入時と売却時の約定履歴も載せておきます。

注文時

画像5

約定時

画像6

約定直前のポジション画面

画像10


なぜ短期トレードをやるのか

長期投資は安定した投資方法を確立すれば長期視点では増えていきます。ただし定期的にチェックでもしないと本当に忘れるぐらい興味が薄れていきます😅

この短期トレードはいわゆる投機です。投機はギャンブルじゃないかという方もいるかもしれませんが、🐢は違うと思います。お金の授業でも触れていますがタイミングを見て売買し、キャピタルゲインを狙うのが投機です。長期投資も長い視点での投機とも言えます。

ただし株を始めたばかりだとギャンブルのように適当に買って適当に売るというのをやってしまう方が多いですが、仮にタイミングをうまく見るコツがわかれば正しいお金の働き場だと思ってます。

大きな視点で見れば人気がない時に安く買って高い時に欲しいと思ってる人に売るという事です。

ビットコインやFXも同じだと思います。FXが危険なのはレバレッジのシステムですけど・・。

何より個別銘柄での取引はゲーム性があるのでやっていて楽しい側面もあります。ただし運ではなく再現性があるかどうかが重要です✨

なので🐢は少額ですが短期トレードもやる事にしました。くれぐれも大金を突っ込まないようにご注意ください⚠️

参考にした書籍・メディア

 

 

 

 


www.youtube.com

 

最後に

テクニカルに強いトレードスキルをお持ちの方がいましたら、このトレードの欠点などをコメントやTwitterで教えていただけると嬉しいです✨

🐢も昔はわけが分からず雰囲気でトレードしている事があったんですが、この方法だとシンプルなルールで売買ができ、判断しやすくなるのもメリットかなと思います。そのような方々の参考になれば幸いです。

また今後も以下のポイントで実験していきますのでアップデートがあればまた記事を書きたいと思います。

・グロース株だけでなくてバリューでも大丈夫か。
・MEME株でも行けるか。
・薄い赤の後に濃い赤が来た場合にどうするか。損切りで抜けるか、そのまま保持するべきか。

ちなみに現在はこちらの3名柄($BYND $KO $PATH)で実験中です。

 

ここまで長々と記事を読んでいただきありがとうございます。短期トレードに限らず、🐢が実際に学んだ投資やお金の話を始めましたのでこちらもご覧ください。

 

またTwitterでも投資に関する情報を発信してますのでお気軽にフォローください♪

twitter.com